DoiN’ THe MoD blog | モッズファッション・名古屋MODシーン情報

 
28
 
tootal
tootal2

MODなブランドとして知られている「TOOTAL」。
60sにはスカーフ、アスコットタイ、ネクタイなどを作っていたブランドで、今のモッドシーンでは先端にフリンジが付いたペイズリー柄のストールが特に有名。
ちなみに本場イギリスではストールではなく、スカーフと言われているようです。
最近ではフレッドペリーとコラボしているので知っている方も多いのでは。

しかしこのブランドには個人的に謎が多い。
MODや60s関連の書籍に載っている当時の写真を見ても、このTOOTALらしいスカーフを巻いている人をほとんど見たことがありません。
ネット検索してもTOOTALの公式サイトが見当たらないので歴史もよくわからない。
読み方も自信がないけれど“トゥータル”ということにしています。

ACID JAZZから出版されたパオロ・ヒューイット著の有名なSMALL FACES本「the young mods' forgotten story」で、ケニー・ジョーンズがタートルネックに柄物のTOOTALスタイルのスカーフを巻いている写真を1枚だけ見ることができるぐらい。
他にもIMMEDIATE時代のスティーブ・マリオットやロニー・レインが、TシャツにこのTOOTALスタイルのスカーフを合わせているが、TOOTALが得意とするペイズリーなどの柄物ではなく、プレーンなもの。

そう、1964、65年当時のバリバリのMODがTOOTALを巻いている写真を見たことがないのです。

私がこのTOOTALを初めて見たのは、THE JAMの「Going Underground」のビデオクリップ。
ポール・ウェラーが黒っぽいスーツにゴールド色の大きな柄のTOOTALらしきスカーフを巻いていました。
アクションと同時にスカーフの先端に付いているフリンジがヒラヒラするのが優雅でかっこよく、他のメンバーとは別格のオーラが漂っていたなぁ。
ひょっとしたら、このTOOTALもまた、ジャムシューズやロンズデールと同じくポール・ウェラー発信のブランドなのでしょうか?

憧れのTOOTALの実物と初めて出会った場所が、今から十数年前の豊橋の「The Goggo」でした。
その時出会ったTOOTALが、写真でアップしている黄色のペイズリー柄。
この1本がきっかけで、様々なカラーバリエーション、ペイズリー以外の柄物、ドット、ストライプなどを集め始めることになりました。
気がついたらTOOTALを中心にTOOTALスタイルのSAMMYというブランド、その他ノーブランドも合わせて20本以上のコレクションに。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:KazunariTheMod
60s/Modブランド『DoiN' THe MoD』にて60s POP Tシャツ&スウェットシャツの企画・英国直輸入MODクロージングの販売。『MAXIMUM R&B』『Swinging Sixties Cafe』主宰&DJ。R&B/Soulのレコード、60s/Modなギア、Mid Centuryの家具を収集。愛車は1964年式のLambretta 175TV ser.3。
http://dointhemod.com
http://twitter.com/KazunariTheMod

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright © KazunariTheMod / Designed by Paroday