FC2ブログ

DoiN’ THe MoD blog | オンラインモッズショップ DoiN' THe MoD の最新情報・名古屋MODシーン情報

 
19
 
cafelofah限定ショップ_20190619

今回で8回目となる東京千歳烏山のcafe LOFAHさんにてOPENする期間限定ショップの2019年夏編を開催します。
東京及び関東では流通していない英国・EU直輸入のMODアイテムやDoiN' THe MoDオリジナルアイテムを実際に手にとったり試着していただける2日間となります。

夏本番を目前に今年も本場英国から半袖ボタンダウンシャツや半袖ニットポロ、Pop Gearの60sデザインTシャツをはじめとした夏物アイテムを中心にご用意する予定です。
更に、ポール・ウェラーはじめ英国ミュージシャンの愛用者が多いWunderteam Wien(ヴンダーチーム ヴィーン)のミッドカットシューズとボウリングシューズの試着&予約販売を行います。

前回の4月開催と同じく、自家製手焙煎の『リーヌコーヒー』がハンドドリップコーヒーと焙煎豆の販売をします。厳選した生豆を丁寧に手焙煎したコーヒーとのことですので是非トライしてみてください。
また今回もcafe LOFAHさん企画で6日に15時〜20時まで、7日に15時〜19時まで東京60sシーンで活躍される方たちによるDJイベントが同時開催されます。
美味しい食事やスイーツ、香り高いコーヒー、グルーヴィーな音楽までお楽しみいただけます。

DoiN' THe MoD SHoP
7月6日(土) 12:00pm~8:00pm
7月7日(日) 12:00pm~7:00pm
at cafe LOFAH
東京都世田谷区北烏山8-25-6
Tel 080-9153-6040
*吉祥寺駅・千歳烏山駅から小田急バスで日本女子体育大で下車徒歩1分
*入場無料

それでは今回の期間限定ショップでご用意するおすすめのアイテムをいくつか簡単にご紹介します。

○英国・EU直輸入アイテム
今回の注目度No.1は今月から取扱いがスタートしたばかりのDoiN' THe MoDによるフットウェア第2弾、日本初上陸のWunderteam Wien(ヴンダーチーム ヴィーン)のミッドカットレザーシューズとボウリングシューズ。
"Mod Father"ことポール・ウェラーが愛用するレザーシューズブランド、Wunderteam Wienのシューズは、大胆なカラーリングとクラシカルな雰囲気を帯びた個性的なデザインが目を引くオーストリアのシューズブランドです。
ポルシェやフェラーリ、メルセデスといったハイエンドカーの内装に使われるオーストリアレザーを惜しげもなく使用し、ポルトガルにて熟練の職人によりハンドメイド生産されています。
今回はこの2タイプのシューズを会場にて試着が可能で、更に、今月リリース予定のNewコレクションの新着画像をご覧いただきご予約も承ります。

WunderteamWien-Kicker-Black-White-3.jpg

代表的なモデルであるミッドカットシューズの"The Kicker"は1930年代のサッカーシューズからインスパイアされて誕生。
ポール・ウェラーはじめオーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドックなど英国ミュージシャンの間でも愛用者が多い。

weller-cradock.jpg

上の画像でスティーヴ・クラドックが履いているブラック/ホワイトのモデルと全く同じシューズをご用意しています。

また、NewコレクションではボウリングシューズのNewカラーが多数用意されるとアナウンスがあったので試着用に"The Bowler"もご用意しています。
クラシックなスタイル、最高級レベルのレザー、丁寧な作り…まずはとにかく実物を手にとってみてください。

WunderteamWien-Bowler-Beige-Black-1.jpg

DoiN' THe MoD初となる英国直輸入フットウェアの第1弾、英国Grafters(グラフターズ)社によるオリジナル モンキーブーツ。
モンキーブーツといえば、ニック・ナイト著「SKINHEAD」の中でも紹介されているように、ドクター・マーチンの8ホールブーツと並び1960年代下旬当時からスキンヘッズの足元の定番ギアです。
元々はチェコスロバキア軍のアーミーブーツがルーツとされ、そこから生まれたのがこのGraftersのオリジナル モンキーブーツ。言わばモンキーブーツの元祖という存在。

Grafters-Monkey-Boots.jpg

春にリリースされたばかりのArt Gallery Clothingの2019年新作の半袖ボタンダウンシャツも様々なバリエーションを取り揃えました。
ボタンダウンシャツの襟の大きさ、ナロー気味のボタンのセット、襟腰の高さが60sの雰囲気たっぷりの当ショップ一押しボタンダウンシャツの半袖バージョンです。
チェックやギンガム、ストライプにオックスフォードなど各種ございます。

570f876e-74e6-4c34-8661-db103a3125c8.jpg

ArtGallery_Shirt_King_0000_YELLOW_F.jpg

60sから受け継ぐ定番のディテールを備えたRelco Londonのリーズナブルなボタンダウンシャツの新作も入荷しています。
今シーズンもRelco Londonが得意とするスキンヘッズに嬉しい大柄なチェックが多数揃っています。

Relco_CK_37_1.jpg

夏でも長袖というMODにはArt Gallery Clothingの長袖シャツがおすすめです。
60sのMODの雰囲気をリスペクトしているブランドなので、キャンディストライプやドット、オックスフォードが強く、色使いがきれい。それでいてジャケットスタイルでも派手になりすぎない大人の色気があります。

Artgallery_Shirts_Marc_0000_blue_front-1.jpg

昨シーズンから登場したこのブランド独自のビーグルカラー+ボタンダウンシャツは60s的存在感抜群の襟が素晴らしく、トップボタンを外しても留めても雰囲気があります。
こちらのビーグルカラーシャツはポルカドット以外にプレーンやペイズリーも揃っています。

Artgallery_Shirts_polka_0000_pink_front.jpg

これからの季節に必須のポロシャツもMODならワンランク上の着こなしを。
鹿の子素材に胸にワンポイントの入ったポロシャツもいいのですがどうしてもスポーティでカジュアルな印象になりますね。
60sオリジナルMODな雰囲気を求めている方やスマートで上品にポロシャツを合わせたい方には断然ニットポロがおすすめです。
Art Gallery Clothingから出ているニットポロならジーンズに合わせてもスマートにキマります。

ArtGallery_Knitwear_Marley_0000_MUSTARD_F.jpg

Art Galleryの定番ニットポロ"Robert"は一瞬ジョン・スメドレーと見違えるほどの仕上がり。
しかも極薄のニットを使用しているので鹿の子ポロより軽やかに着られます。

ArtGallery_Knitwear_Robert_0000_SPEARMINT_B.jpg

この季節人気の英国製スリムフィットのボーダーTシャツ、ブルー、ブラック、レッドも入荷しています。
スリムフィットでもストレッチ素材が5%入っているおかげで着心地は軽やか。Sサイズは女性にもおすすめです。

RunFly-stripeshirt-blue1.jpg

新入荷のグリーンチェック、千鳥格子やいかにもMODな2トーントニックなどのスリムフィットトラウザーズも並ぶ予定です。
大柄チェックのトラウザーズを合わせると一気にMODな雰囲気が高まりますね。

RunFly-Green-Check-Trousers-1.jpg

前回・前々回のPOP UP SHOPでも好評だった英国Pamela Mannのプリントタイツも各種ご用意します。
1956年創設、マリー・クワントとSwinging Sixtiesなタイツを開発した歴史あるブランドですが日本にほとんど入ってきていないので実際に手に取れるのは珍しいです。

Pamela-Mann-Image.jpg

○オリジナルアイテム
昨年5月から販売スタートして記録的なセールスを上げたPOP GEAR Tシャツから新作を何種類かご用意します。
昨年リリースの定番デザインもサイズを補充して並ぶ予定です。
2,500円〜ですのでお気軽にお試しください。

Keith-Moon-Target-Tshirt-White-1.jpg

Blaam-Tshirt-White-1.jpg

英国の工房にて製作されるオリジナルベルトのオーダーを承ります。
1965, 66年ごろの英国ビートバンドのメンバーがこぞって装着していた幅広ベルトをイメージした、45mm幅・縦長バックルが装着されたジーンズベルト。
ベルトの長さ・色・バックルの色・ハトメ加工などからセミオーダーでお好みの1本を製作します。
当日は25mm幅のトラウザーズ用のベルトのセミオーダーも可能です。

Silver-Rectangle-45mm-Leather-Belt-White4.jpg

全てのアイテムが60sのMOD/SKINHEADの影響を強く受けたデザインやディテールを備えているので、当時のモノに憧れている方や60sに対してこだわりの強い方にもおすすめ。
国内ではほとんど流通していないこれら本場英国のMODアイテムをリーズナブルにご提供します。

cafeLOFAH190413.jpg

DoiN' THe MoD ショップへの入店はもちろん無料。
日頃ネットでしか見られないアイテムを実際に手にとったり、お気軽に試着してみてください。
オーナーのカズナリと会ってMODやロンドンの話をしてみたい、というマニアックな方も大歓迎です。
居心地のいいcafe LOFAHさんでグルーヴィな音楽を聴きながら美味しい食事やカフェ、ショッピングをお楽しみください。
皆さまのご来店をお待ちしています。

DoiN' THe MoD オンラインショップ
http://dointhemod.com/
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dointhemod.blog100.fc2.com/tb.php/460-ed95f112
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:KazunariTheMod
60s/Modブランド『DoiN' THe MoD』にて60s POP Tシャツ&スウェットシャツの企画・英国直輸入MODクロージングの販売。『MAXIMUM R&B』『Swinging Sixties Cafe』主宰&DJ。R&B/Soulのレコード、60s/Modなギア、Mid Centuryの家具を収集。愛車は1964年式のLambretta 175TV ser.3。
http://dointhemod.com
http://twitter.com/KazunariTheMod

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright © KazunariTheMod / Designed by Paroday