FC2ブログ

DoiN’ THe MoD blog | オンラインモッズショップ DoiN' THe MoD の最新情報・名古屋MODシーン情報

 
18
 
cafelofah限定ショップ_20190918

今回で9回目となる東京千歳烏山のcafe LOFAHさんにてOPENする期間限定ショップの2019年秋編を10月12・13日に開催します。
東京及び関東では流通していない英国・EU直輸入のMODアイテムやDoiN' THe MoDオリジナルアイテムを実際に手にとったり試着していただける2日間限定POP UP SHOPとなります。

本場英国から60sMODスタイルのボタンダウンシャツやニットポロ、スリムフィットのトラウザーズ、英国製ハリントンジャケット、イーストロンドン発のモンキージャケット、スキンヘッド向け英国製ワッフルカーディガン、Vネックタンクトップ、Pop Gearの60sデザインTシャツ&スウェットといった秋冬物アイテムをご用意する予定です。
ポール・ウェラーはじめ英国ミュージシャンの愛用者が多いWunderteam Wien(ヴンダーチーム ヴィーン)のフットボールシューズとボウリングシューズ、チェコ製オリジナルモンキーブーツの試着も可能です。

今回のDoiN' THe MoD SHoPは会場のcafe LOFAHさんとのコラボレーションで『ファッション・アート・ミュージック・コーヒー』をテーマに展開されます。
テーマのひとつであるアート部門では東京で活躍されるイラストレーター・原子高志さんによるHARAKOART作品の展示即売が企画されます。会場内の壁面に60sやMODからインスパイアされた素敵なアートがディスプレイされますのでお楽しみに。
4月・7月開催と同じく、自家製手焙煎の『リーヌコーヒー』がハンドドリップコーヒーと焙煎豆の販売をします。厳選した生豆を丁寧に手焙煎したコーヒーとのことですので是非トライしてみてください。
更に今回もcafe LOFAHさん企画で12日に15時〜20時まで、13日に15時〜19時まで東京60sシーンで活躍される方たちによるDJイベントが同時開催されます。
美味しい食事やコーヒー、グルーヴィーな音楽、アート作品とともにショッピングをお楽しみいただけます。

DoiN' THe MoD SHoP
10月12日(土) 12:00pm~8:00pm
10月13日(日) 12:00pm~7:00pm
at cafe LOFAH
東京都世田谷区北烏山8-25-6
Tel 080-9153-6040
*吉祥寺駅・千歳烏山駅から小田急バスで日本女子体育大で下車徒歩1分
*入場無料

それでは今回の期間限定ショップでご用意するおすすめのアイテムをいくつか簡単にご紹介します。

○英国・EU直輸入アイテム
今回の注目度No.1は6月に当ショップが日本初上陸を果たしたWunderteam Wien(ヴンダーチーム ヴィーン)のフットボールブーツ"The Kicker"とボウリングシューズ"The Bowler"。
"Mod Father"ことポール・ウェラーが愛用するレザーシューズブランド、Wunderteam Wienのシューズは、大胆なカラーリングとクラシカルな雰囲気を帯びた個性的なデザインが目を引くオーストリアのシューズブランドです。
ポルシェやフェラーリ、メルセデスといったハイエンドカーの内装に使われるオーストリアレザーを惜しげもなく使用し、ポルトガルにて熟練の職人によりハンドメイド生産されています。
今回はこの2タイプのシューズを会場にて試着が可能で、カタログをご覧いただき次回の入荷の際のご予約も承ります。

WunderteamWien-Kicker-Black-White-3.jpg

代表的なモデルであるミッドカットシューズの"The Kicker"は1930年代のフットボールシューズからインスパイアされて誕生。
ポール・ウェラーはじめオーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドックなど英国ミュージシャンの間でも愛用者が多い。

weller-cradock.jpg

上の画像でスティーヴ・クラドックが履いているブラック/ホワイトのモデルと全く同じシューズをご用意しています(売り切れの場合はご用意できない場合もあります)。

また、ボウリングシューズタイプは試着用に"New Bowler"と"Old Bowler"をご用意します。
クラシックなスタイル、最高級レベルのレザー、丁寧な作り、驚くほど優しい履き心地…まずはとにかく実物を手にとってみてください。

WunderteamWien-Bowler-Gold-Black-1.jpg

WunderteamWien-Bowler-Green-Red-1.jpg

DoiN' THe MoDによる英国直輸入フットウェアの第1弾となった、英国Grafters(グラフターズ)社によるオリジナル モンキーブーツも試着可能です。
モンキーブーツといえば、ニック・ナイト著「SKINHEAD」の中でも紹介されているように、ドクター・マーチンの8ホールブーツと並び1960年代下旬当時からスキンヘッズの足元の定番ギア。
元々はチェコスロバキア軍のアーミーブーツがルーツとされ、そこから生まれたのがこのGraftersのオリジナル モンキーブーツ。言わばモンキーブーツの元祖という存在です。

Grafters-Monkey-Boots.jpg

DoiN' THe MoDで最も力を入れているボタンダウンシャツは、MODにとって最も重要なアイテムのひとつとも言えるでしょう。
9月上旬に2019年秋冬の新作をリリースしたArt Gallery Clothingは、デザイナーでありオーナーが元イーストロンドンMODということもあり60s MODの雰囲気をリスペクトするブランド。
ストライプやドット、オックスフォードといったクラシックなMODシャツを得意としていてMODらしくきれいな色使いも特徴的。
ボタンダウンシャツの襟の大きさ、ナロー気味のボタンのセット、襟腰の高さ、ウエストのシェイプが60s英国MODシャツの雰囲気たっぷりでノータイでカッコよくキマります。

Art_Gallery_Shirt_Cameron_0000_blu_f.jpg

Art_Gallery_Shirt_Hunt_0000_grape-f.jpg

そして9月19日に日本初上陸を果たすイーストロンドン発のブランド、Real Hoxtonからポルカドット ボタンダウンシャツが3色入荷予定です。

Real_Hoxton_Button_Down_Polka_Dot_Shirt_Navy.jpg

ニットウェアは英国製ワッフルカーディガンやVネックニットベスト、まだリリース前なのでお見せできませんがArt Gallery Clothingの2019年新作ニットポロやショールカラー カーディガンなど。
スキンヘッドやルードボーイスタイルがお好きな方にはワッフルカーディガンやニットベストが定番で根強く人気です。

Relco-wafflecardigan-mustard1.jpg

Relco-Tank-Top-Burgundy1.jpg

Artgallery_Knitwear_Ellis_0003_navy-blue_front.jpg

昨年の10月に初めて入荷したCOMBAT英国製ハリントンジャケットは1960年代からMADE IN ENGLANDにこだわって製造を続ける英国でも唯一のブランドとのこと。
当時からの基本スペックを引き継ぐクラシックなスタイルにロマンを感じる方にはきっと喜んでいただけることでしょう。
通常のポリエステル/コットン素材に加えてワックスコットン素材のハリントンジャケット、更にレディースも揃える予定です。

Combat-Harrington-Jacket-Beige-1.jpg

Combat-Waxed-Cotton-Harrington-Jacket-Brown-1.jpg

Combat-Ladies-Harrington-Jacket-Navy-1.jpg

9月19日に入荷予定のイーストロンドンのブランド Real Hoxtonモンキージャケット。
ここ数年モンキージャケットで頭角を現してきたファクトリーブランドで、そのメリットを生かした17種類にも及ぶカラー展開が最大の特徴です。

Real_Hoxton_Monkey_Jacket_White_1.jpg

当ショップでは定番中の定番のRelco Londonのドンキージャケットや英国製モンキージャケットももちろん並びます。
10月11日から上映が始まる映画『さらば青春の光』に登場するデイヴが仕事中に着ている英国の定番ワークウェアです。

Relco-Donkey-Jacket-1-edit.jpg

MODアクセサリーの代表格、この界隈ではモッズキャップで通るマリナーキャップは1年を通して使えますがこれからの季節が特に充実してきます。
コーデュロイ素材のオリーブは意外にも珍しく、落ち着きのある色合いは合わせやすいと当店でも人気。

Failsworth-Mariner-Cap-Cord-Olive.jpg

昨年の9月から取引がスタートした英国Pamela Mannのプリントタイツ。
1956年創設、マリー・クワントとSwinging Sixtiesなタイツを開発した歴史あるブランドですが日本にほとんど入ってきていないので実際に手に取れるのは珍しいです。

Pamela-Mann-Image.jpg

○オリジナルアイテム
昨年の10月上旬にリリースしたキース・ムーン スタイルのターゲットマークの再現に全ての情熱を注いだ究極のターゲット スウェットシャツがリニューアルして帰ってきます。
昨シーズンは記録的な売上げを叩き出した人気スウェットの復活にご期待ください。

Keith-Moon-Target-Sweatshirt-White1.jpg
※画像はイメージです。

秋の販売会ですが、やはり人気者のPOP GEAR Tシャツも2019年モデルを中心にピックアップしてご用意します。
2,500円+tax〜ですのでお気軽にお試しください。

Split-Arrow-Tshirt-Skyblue-1.jpg

英国の工房にて製作されるオリジナルベルトのオーダーを承ります。
1965, 66年ごろの英国ビートバンドのメンバーがこぞって装着していた幅広ベルトをイメージした、45mm幅・縦長バックルが装着されたジーンズベルト。
ベルトの長さ・色・バックルの色・ハトメ加工などからセミオーダーでお好みの1本を製作します。
当日は25mm幅のトラウザーズ用のベルトのセミオーダーも可能です。

BeatBelt-black1.jpg

全てのアイテムが60sのMOD/SKINHEADの影響を強く受けたデザインやディテールを備えているので、当時のモノに憧れている方や60sに対してこだわりの強い方にもおすすめ。
国内ではほとんど流通していないこれら本場英国のMODアイテムをリーズナブルにご提供します。

cafe_LOFAH_190706_1.jpg

DoiN' THe MoD ショップへの入店はもちろん無料。
日頃ネットでしか見られないアイテムを実際に手にとったり、お気軽に試着してみてください。
オーナーのカズナリと会ってMODやロンドンの話をしてみたい、というマニアックな方も大歓迎です。
居心地のいいcafe LOFAHさんでグルーヴィな音楽を聴きながら美味しい食事やカフェ、アート、ショッピングをお楽しみください。

DoiN' THe MoD オンラインショップ
http://dointhemod.com/
スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dointhemod.blog100.fc2.com/tb.php/501-ce4de820
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:KazunariTheMod
60s/Modブランド『DoiN' THe MoD』にて60s POP Tシャツ&スウェットシャツの企画・英国直輸入MODクロージングの販売。『MAXIMUM R&B』『Swinging Sixties Cafe』主宰&DJ。R&B/Soulのレコード、60s/Modなギア、Mid Centuryの家具を収集。愛車は1964年式のLambretta 175TV ser.3。
http://dointhemod.com
http://twitter.com/KazunariTheMod

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright © KazunariTheMod / Designed by Paroday